カジノシークレットの出金方法と手順※出金できない時のチェック項目あり

ここではカジノシークレットで得た勝利金を出金する方法について解説しています。

出金できないエラーが発生した場合のチェック法も紹介していますので、ぜひ参考ください。

カジノシークレットの出金方法と出金限度額

決済方法 最低出金額 最大出金額
ecoPayz 20ドル 5000ドル
Venus Point 20ドル 1万ドル
iWallet 20ドル 500ドル
銀行送金 500ドル 5000ドル

カジノシークレットの出金手段は、電子決済サービスと銀行送金の計4種類から選択することができます。

いずれも手数料は無料で、上記は1回あたりの限度額を記載しています。

週ごとの上限額は最大1万ドル、月ごと(30日ごと)では最大5万ドルとなっています。

また、出金までの時間は原則24時間以内に行われますが、

・出金申請の審査に最長2営業日
・銀行送金の場合は着金までに5営業日程度

かかります。

そのため、タイミングによっては自分の口座に振り込まれるまでに10日前後出金がかかるケースもあることを覚えておきましょう。

出金時に身元確認書類の提出が必要になるケース

マネーロンダリング対策の一環として、ある条件に該当する場合は出金時に身元確認書類の提出が求められます。

カジノシークレットでは以下の3つが条件となっています。

・累計出金額、もしくは出金申請時のアカウント残高と出金申請額の合計額が2000ドルに達しそうな場合
・累計入金額が2000ドルに達しそうな場合

・累計入金額と累計出金額(出金申請額含む)の合計額が2000ドルに達しそうな場合

身元確認書類は本人確認書類と住所確認書類の2つの提出が必要で、それぞれスマホやデジカメで撮影した写真を下記メールアドレスに送る形となります。

提出先メールアドレス: kyc_jp@casinosecret.com

本人確認書類

・運転免許証(両面)
・写真付き住民基本台帳カード(両面)
・パスポート(写真付きページ)
・外国人登録証 (ARC)
・マイナンバーカード(表面のみ)

上記のいずれか1点が必要です。

注意したいのは、上記の書類が最低3ヶ月間有効であることです。

免許証やパスポートを提出書類にする場合は、有効期限が近づいていないか必ずチェックしましょう。

住所確認書類

・住民票
・光熱費(水道、電気、ガス)の料金請求書
・電話またはインターネットの料金請求書
・銀行明細

住所確認書類は、必ず3ヶ月以内に発行されたものが有効となります。

各決済サービスの出金手順

各決済サービスへの出金手順をスマホからの画像を例に解説します。

まずはカジノシークレットにログインして左上の三本線マークをタップします。

メニューがスライドで表示されるので、「マイアカウント」の項目をタップ

出金タブをタップすると、選択可能な決済方法が表示されます。

ecoPayz(エコペイズ)

エコペイズはデフォルトの状態では出金手段に表示されません。

一度でも入金でエコペイズを使用すれば表示されるようになりますので、エコペイズの口座に出金したい方は、まずはエコペイズを入金で使用するようにしましょう。

iWallet(アイウォレット)

Iウォレットアカウント番号と出金したい金額を入力して送信するとアイウォレットの管理画面へと移ります。

Venus Point(ビーナスポイント)

ビーナスポイントのアカウントIDとログインパスワードを入力して、金額を入力しましょう。

送信ボタンをタップすれば完了します。

銀行送金


銀行送金は、

・口座名
・銀行名と銀行コード(例:tanoshiiginko1111)
・支店番号と口座番号(例:0001234567)
・SWIFT/BICコードと口座種類(例:1234普通預金)
・金額

を入力します。

SWIFT/BICコードとは、世界中の銀行や金融機関を識別するためのコードになります。

出金したい日本の銀行のSWIFT/BICコードはこちらで調べることができますので活用ください。

JapanのSWIFT/BICコード

カジノシークレットから出金できない時の3つのチェック方法

正しい入力情報で手順通りにしているのに出金できないケースもあります。

原因はケースバイケースですが、よくある例を元にチェック方法を3つ紹介しますので、もし出金できない場合は、まずはこちらをチェックしてみてください。

【チェック1】直近に入金した決済サービスを指定しているか

オンラインカジノはマネーロンダリング対策に厳しいため、「入金と出金の決済サービスが同一である」ということが基本とされています。

例えば、一番直近でecoPayzで入金したのであれば、出金もecoPayzでなければいけないというわけです。

クレジットカードで入金した場合は、出金時はどこでも大丈夫ですが、電子決済サービスで入金した場合には、同じ決済サービスで出金処理をしているか確認するようにしましょう。

【チェック2】出金条件をクリアしているか

出金するためには、最低入金と同じ金額分をゲームに賭けなければいけません。

例えば、100ドル入金したとして、50ドル賭けた時点で大当たりして1000ドル勝てた場合でも、勝利金を引き出すためには、残り50ドルを賭けてからでないと出金できないということです。

カジノシークレットはボーナスがキャッシュバックのため、出金条件が全くないと思っている人も一部いらっしゃるようで、この点見落としが多いため、よくチェックしてみましょう。

【チェック3】決済サービス側から拒否されていないか

最後は、カジノシークレット側ではなく、出金に使用するサービス側のトラブルというケースもあります。

とくに銀行送金の場合、指定する銀行ではギャンブルに関するお金は着金拒否するところもありますので注意が必要です。

私の実績や口コミを参考にすると、メガバンク系は着金拒否になりやすい傾向にあります。

楽天銀行、GMOあおぞらネット銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行といったネットバンク系は比較的安定しているので、この機会にオンラインカジノ用に口座を開設するのも1つですね。

まとめ

カジノシークレットは厳しい出金条件がないため、全体的な出金頻度が多いサービスになります。

そのため、タイミングによっては審査処理にやや時間がかかる時もありますので、その場合はまずはサポートに問い合わせてみましょう。